NO IMAGE

【国税専門官】財政学のスーパー過去問ゼミについての注意

どうも!勉強バカです!

国税専門官の試験を受けてきました。

自己採点の結果、財政学は満点でした(あと経済学と経営学も)。

どうやら、僕がしてきた勉強法は間違ってなかったらしいぞ!

ということで、参考になるかどうかは分かりませんが、

財政学(スー過去)の取り組み方をまとめてみました。

公務員試験 新スーパー過去問ゼミ5 財政学 改訂版

公務員試験 新スーパー過去問ゼミ5 財政学 改訂版

最新版を使う!

財政学は時事的な要素が強いので、情報は最新のものが望ましいです。

安くても中古はやめましょう。(笑)

経済学を終えた後に取り組む!

単純に経済学より優先度が低いということもありますが、内容で共通する部分が多いです。

計算問題などはほとんど一緒です。

よって先に経済学を済ませておいたほうが理解が早いです。(個人的な意見ですが)

時事の対策とセット!

最新版を使う理由と同じです。

速攻の時事などの対策本でやった内容が財政学や経済学で出たりします。

実際、今年度(平成31年度、令和元年)の財政学全6問のうち、2問は時事問題でした。

その内容も速攻の時事に載っていた内容です。財政学を対策する上で、

時事対策は切っても切り離せない関系です。

スー過去「財政学」の取り組み方

特に時事的な出題に関するものでは、単純に問題に取り組むだけでは効果は薄いと思います。

なぜなら、問題で取り扱っているのは最新の値ではないからです。

去年の数字や一昨年の数字だけを記憶しても、本試験で正解できるようにはなりません。

「最新の数字に至るまでにどのように増減してきたのか」

これを抑えなければなりません。

以上を踏まえて僕が行った方法は、

  • 問題の前の解説ページを読む
  • 問題に取り組まずに、いきなり解答を読む
  • 上2つを繰り返す

これだけです。

これのメリットは、

  • そもそも問題を解かないから、学習スピードがめっちゃ早くなる
  • 試験対策する上で、障害になる前年度以前の数字を読まなくていい

実際、スー過去財政学は、めちゃくちゃ回しました。最初にやったときは、3日で1周。

次は、2日で1周。試験前には、2時間もあれば1周できるようになってました。

そして試験では満点が取れました。

反射で解答が選べるくらいにまで知識が浸透してましたね(笑)

これは時間がない人にも、そうでない人にもオススメのやり方です。財政学に限らず、

基本的に計算問題などを除いては、スー過去は読み物だと考えて読み倒しました(笑)

そうでもしないと、2ヶ月ちょっとで国税の対策はできませんしね。

ぜひみなさんもスー過去を読み倒して、最短で学習してみてください!

NO IMAGE
最新情報をチェックしよう!

公務員試験の最新記事8件

>