ハピタスで参考書代を捻出!

  • 2019年8月29日
  • 2019年9月15日
  • 参考書

どうもimachanです!

突然ですが、僕は資格や試験に挑戦する時ほとんど独学でやってきました。

医学部を受験した時も、公務員を受験した時もです。

その理由は、

・金銭面の負担が少ない
・自分のペースで学習を進められる

特に金銭面に関しては、ほとんど参考書代しかかからないので、気持ち的にラクです。

ところが、色々受験するうちに参考書代すら払いたくなくなってくるんですね。

なんとかならんかと、お金使いたくないんやと、その一心で色々調べました。

 

苦悩する管理人(不思議と働くという選択肢はない)

そんな時に見つけたのがハピタスというサービスでした。

ハピタスとは?

簡単に言うと、ハピタスのサイトを経由して各種のサービスを利用することで現金やプリペイドカードと交換できるポイントをゲットできるサービスです。

ポイントの交換先も様々で主なものはこちら↓

ポイント Amazonギフトカード

ポイント

Itunesギフトカード
ポイント 楽天スーパーポイント
ポイント 現金

1ポイント=1円。

プレミアがつく交換先もあります。

Amazonをよく利用される方にとってはかなり魅力的。

この画像には alt 属性が指定されておらず、ファイル名は 085632FC-071F-44F0-A86E-E28E05F05D28-1024x434.jpg です

ハピタスの使い方

サイトに登録

メールアドレス(ログインID)とパスワードを設定して完了!

口座番号は登録時には不要です。

ハピタスのサイトを経由してサービスを利用

色々なサービスがありますが、特にオススメなのはクレジットカード。

僕がハピタスで楽天カードを作った時は、4000ポイントでした。(中には万越えの案件もありますが、審査が厳しいカードだったりするので、そこは要注意。)安いものでも1000ポイント以上あります。

クレジットカードを申し込んで、審査を通過し、カードが届いたらOKです。ポイントが付与されるのを待つだけです。

ハピタスポイントを交換する

ポイントが付与されたら、お好みの交換先を選んで交換するだけ。この画像には alt 属性が指定されておらず、ファイル名は 0AD1208E-D5F8-4FFD-9EF1-4B3345D08A58-1-1024x647.jpg です

Amazonギフト券に交換した時のスクショです。このようにURLで届きます。ここまでで僕がしたことと言えば、クレジットカードの申し込みのために、登録情報を入力したくらい。

こうやって、忙しい勉強の隙間を縫って、参考書代をかせいでました。

ハピタスの注意点

ポイントが付与されるのに時間がかかる

ここまで良いことばかり述べてきましたが、注意点もあります。

クレジットカードは審査に時間がかかる場合や、審査を通過しない場合もあります。ポイントが入るまで気長に待つ必要があるということです。

何度も利用できない

クレジットカードは高額な案件ですが、1度作ってしまうとそれまでです。と言っても何回も受験するわけではないので大した問題ではないかもしれません。

 

まとめ

いかがでしたでしょうか?

 
独学で費用を抑えられるといっても、できることなら払いたくない!
 
バイトに時間を取られず勉強に集中したい!

ハピタスを使えば、ほんのちょっとの作業でその願いが叶うかもしれません。ぜひ1度試してみては?

最新情報をチェックしよう!
>