公務員試験で既卒は不利?実際に受けてみてどうだったか

どうもimachanです。

 

公務員試験ではやっぱり新卒の方が有利なんじゃないか?
受験する前は、僕もこんなふうに考えてました。
では実際に受験をしてみて、どうだったか。僕個人の感想ではズバリ
ほとんど関係ない
これが正直なところです。
このように思う理由を以下でお話ししていきます。

管理人の体験談

管理人のプロフィール

管理人 今年25歳(アラサー) 1浪・1年休学(医学部受験のため) 既卒・職歴なし

穴だらけ(笑)
突っ込みどころ満載の経歴ですね。
こんなんでも受かるから大丈夫です。

受験した公務員試験の種類

第一志望:国税専門官→内々定

第二志望:京都府庁→2次試験落ち

第三志望:京田辺市役所→2次試験辞退

こんな感じです。

内々定をいただいた国税専門官では約3500人中10番台の成績でした。

京都府庁2次試験落ちの理由を考察

結論からいうと、既卒だから落ちたとかそういうことは全くないと思います。

どちらかというと、既卒になる原因の1つとなった医学部受験。これと公務員試験を

うまく結びつけることができなかったからだと思います。あとは国税専門官が圧倒的に

第一志望だったので、志望度の差が態度に如実に出てしまったかなと考えます。

面接官ってちゃんとみてるんだなぁと実感しました。笑

それに加えてグループディスカッションの出来がいまいちだったので、

落ちるべくして落ちた。という感じ。

試験を受けてみて

正直、差別するポイントが見当たらないという状況でした。

筆記試験はもちろんのこと、面接でも既卒であることそのものがマイナスに

なったとは思えません。むしろわかりやすいツッコミどころなので、しっかりと

既卒になった理由、あるいは休学した理由を話せればプラスに変えることだってできます。

国税専門官の成績開示はまだですが、おそらくB評価(上位20%)をもらえていると思います。

既卒でも、歳をとっていてもちゃんと評価してくれているなと感じました。

注意する点

既卒の理由を話せるようにしておく

いくら既卒が不利にならないとは言っても、その理由を説明できなければ面接でマイナス評価を

くらってしまうでしょう。例えネガティブな理由(就活に失敗したなど)だとしても、

そこから学んだこと

克服したこと
などなど、言えることはたくさんあるはずです。

まとめ

ここまで管理人の体験を元に既卒での公務員受験について述べてきました。
そして言いたい。
 
管理人
とりあえず筆記で圧倒しろ!
「何を今更…」
と、思うかもしれませんがこれがまず第一です。
特に国税は筆記のウエイトが大きいです。
そして、筆記で圧倒したら、面接では
  1. 志望動機
  2. 自己PR
  3. 国税専門官として人としてどうあるべきか?
    この3点をガッチリ固めていくことです。特に3番目に関しては
    自分が税務署で働くイメージをしっかり持つことが大事です。

既卒である事実は変えられません。

どうにもならないことで悩む前に、できることから手をつけていきましょう。

ここまでお読みいただき、ありがとうございます!

最後に国税専門官の成績開示結果を晒しておきます。

関連記事

どうも、岡山に帰省中のimachanです。 国税専門官の成績開示が行われてますね。 [blogcard url=http://www.jinji-shiken.go.jp/juken.html] インターネットで申し込んだ方は、パーソナルレ[…]

面接もちゃんとB判定いただけました!

 

最新情報をチェックしよう!
>