【小さなことからキャッシュレス】すき家アプリ+すきパスモバイル登録!

どうも!バイト終わりのimachanです。

バイト前に立ち寄ったスタバでワンモアコーヒーをしています。

5連勤の2日目。コーヒーで精神を安定させてます。

さて、今日は彼女も家にいないしご飯を作るのがめんどくさい。

そうだ、すき家に行こう。

朝の投稿に引きずられて、すき家もキャッシュレスで済ませてしまおうと思い立ち、

先ほどアプリをダウンロードし、クレジットカード登録を行い、モバイルすきパスも

購入しました(200円)。

牛丼をキャッシュレスで食す

アプリで注文

牛丼(大盛)
汁だく、トッピングなし
すきパスで自動的に70円OFF

お店で受け取り

あとはQRを読み込むだけ。

すき家に参りましょう。

スタバよさらば。

すき家到着。席に座るやいなやQRコードを読み取っていく。

すると…

QRコード読み取り後の画面。

その後店員さんが伝票を持ってきてくれます。

ちゃんと会計済みと書いてますね。

伝票が発行される

帰りはこの伝票を渡して終了です。

QRコード読み込むまではドキドキでしたが、帰り際に伝票を渡す、

レジを素通りする感覚。

たまらんですな。店員さんの

『全部わかってる、俺全部わかってるから。』

と言わんばかりの目配せ。心が震えました。

牛丼食っただけなのに、すごい体験をした気分になれました。笑

まとめ

良い点

現金要らず、クレジットカード要らず(アプリで登録した場合)でお財布がすっきり。

さらにすきパスもモバイル化してしまえば、より一層すっきり。

つゆだくをわざわざ口で言わなくても良い。もう恥ずかしくない(僕だけ?)。

感動のキャッシュレス体験を味わえる。(店員さんとの一体感を堪能してください)

微妙な点

正直あまり見当たらないが強いてあげるなら、

そもそも店員さんのオーダーが高速すぎて、QRコードを読み取るのに手間取ると店員さんをお待たせしてしまう。(スマートにささっと読み取りましょう。)

すきパスモバイルはモバイル注文でしか使えない。

これは要注意。通常のレジ会計の時にはモバイルすきパスは使えません。

カードのすきパスが必要です。(カードのすきパスはモバイル化できます。追加費用不要)

追記

すき家の牛丼の価格について。

10月の増税後、牛丼も値上げしてしまうのでは?

と懸念する声が多く聞こえていたが、

増税後も牛丼の価格は据え置き(350円)でいくと報道があった。

持ち帰りでもテイクアウトでも価格は同じとのこと。

すき家の株を買いたい。

最新情報をチェックしよう!
>