結婚指輪を購入しました!

どうも、imachanです。

先日、発注していた結婚指輪がついに完成したとの連絡をいただいたので、受け取りに行ってきました。

ちなみに以前別記事で紹介した俄(NIWAKA)ではなく、ダイアモンドシライシで購入しました。あれだけ俄を絶賛しておきながら。笑

今回はダイアモンドシライシで購入することになった経緯や指輪選びの時に感じたことをお話ししていきたいと思います。

なぜダイアモンドシライシで購入?

ダイアモンドシライシと俄の比較

端的に言えば商品のラインナップが全然違いました。

俄はデザインが個性的なものが多かったのに対して、

ダイアモンドシライシは似たようなデザインでも少しずつ異なる物がいっぱいあるという感じでした。

最初は俄の個性的なリングに惹かれましたが、ダイアモンドシライシで指輪をみた時に、 リングの形やダイアのつき方、大きさがちょっと違うだけで指につけたときの感じが全然変わってくることを実感しました。

個性的ではなくとも、彼女に一番フィットした商品を選べそうだと感じましたので、ダイアモンドシライシで購入することにしました。

アフターサービスの比較

以前紹介した俄では他のお店にはない特別なアフターサービスがあります。

「修復研磨」と呼ばれる手入れ手法で、一言で説明すると、

指輪の強度を落とすことなく磨き上げる技術です。

この修復研磨が他店のアフターサービスとの差別化ポイントでした。

確か2年以内は無料、それ以降は有料(1万円ちょい?)だったかと思います。

俄でこのサービスについて説明された時は、なんて素晴らしいサービスかと思いましたが、よくよく考えてみれば、そうそう指輪を磨きに出すことなんてないだろうし、親がやってるのもみたことがない。しかも3年目からは有料。これはいらないねという話になったわけです。

ダイアモンドシライシのお得なキャンペーン

ぶっちゃけこれがでかい。ダイアモンドシライシでは店舗に来店予約してから行くと、商品券をプレゼントしてくれるというキャンペーンを実施していました。(現在もやっているかは不明)ちなみに指輪を購入しなくてももらえます。

結局購入してしまいましたが(笑)うまいことカモられました。

指輪選びで感じたこと

意見ははっきり言うべき

店員さんに対しての要望はもちろん、彼女さんが指輪をつけたときの印象(似合ってるかどうか)などもはっきり伝えるべきです。そうしないといつまでたっても選べません。

僕は遠慮せずにバッサリいきました(笑)

指が太く見える、ダイヤの輝きがわかりづらい、派手すぎるなどなど。

よく怒らずにいてくれたと思う。

でも一生モノだし、せっかくなら一番似合うものを身につけて欲しいと思うから、

正直に言っていくべきです。

多くの店を回るなら感覚を空けずにいくべき

今回僕たちがやらかしたミスの1つ。

指輪の印象はすぐに忘れちゃうので、間髪入れずに次のお店に行った方がいいです。

写真を撮っていても、実物とでは差がありすぎて参考になりません。

女物と同時進行で男物も選ぶべき

僕たちは女物を選びながら、それに合う男物も選ぶようにしていました。

女物を選んだ後に男物を選ぶとなると、頭も疲れているし、良い判断ができないと

考えての上のことでした。

最後に

指輪を作ったことで彼女との結婚がどんどんリアルに感じられるようになってきました。

結果的にどの指輪を選んだとしても、両者が意見を言い合って納得した上で選んだ指輪

ですので、とても愛着が感じられます。

彼女任せにするのではなく、男性側からも積極的に意見を出して、指輪選びに参加していくことで、楽しみながら決めていけると思います。

最新情報をチェックしよう!

彼女の最新記事8件

>